利尻ヘアカラートリートメントは本当に染まるのか口コミ調査!

白髪染めの中でも人気が高い利尻ヘアカラートリートメント。

その効果を試してみたいと思っている方もきっといるはずです。

染めてもすぐに生えてくる白髪はストレスの元となり、つい苛立ってしまうものですよね。

では、そんな利尻ヘアカラートリートメントは本当に染まるのでしょうか?

ここでは利尻ヘアカラートリートメントの評判についてお伝えしていきたいと思います。

利尻ヘアカラートリートメントにはどんな特徴があるの?

まずは利尻ヘアカラートリートメントの特徴からご説明していきますね。

他の白髪染めとはどこが違うのか見ていきましょう。

2つのカラー成分がしっかりと髪を染める

利尻ヘアカラートリートメントには2つのカラー成分が配合されています。

それがナノ分子カラーとイオン色素です。

ナノ分子カラーは健康的な髪のキューティクルに入り込んで髪を染めるのに対し、イオン色素は傷んだ髪のマイナスイオンにプラスイオンをくっつけて美しい色にしてくれます。

そんな2つのカラー成分のおかげで、しっかりとした色に染め上げることができるのです。

利尻ヘアカラートリートメントに含有している豊富な美髪成分

利尻ヘアカラートリートメントには、28種類の美髪成分が含まれています。

それらの成分は以下のとおりです。

28種類の美髪成分
天然利尻昆布、ミツロウ・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン(羊毛)・カキタンニン・ローマカミツレ花エキス・ローズマリー葉エキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタ葉/茎エキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナ根エキス・カワラヨモギ花エキス・カミツレ花エキス・オタネニンジン根エキス・オクラ果実エキス・アルニカ花エキス・アルテア根エキス・ヒマシ油・ムラサキ根エキス・クチナシエキス

この中でも天然利尻昆布には保湿効果や保水効果があるので、みずみずしく潤いがある髪の状態を保っていくことができますよ。

また、髪や頭皮のケアをする注目の成分にはシコン・クチナシ・ウコン・アナトーなどがあります。

髪や頭皮をいたわってくれる成分が含まれているので、髪に与えるダメージを抑えながら白髪を染めていくことができますよ。

無添加だからどんな人でも使うことができる

利尻ヘアカラートリートメントには、通常の白髪染めに配合されていることがある次のような成分が一切含まれていません。

  • ジアミン
  • タール系色素
  • パラベン
  • 酸化剤
  • シリコーン
  • 香料
  • 鉱物油

これらの成分は髪や頭皮を傷める原因となる成分なので、白髪染めを繰り返していると、どんどん髪質が悪くなっていってしまう可能性もあります。

しかし利尻ヘアカラートリートメントだとこのような成分がすべて不使用なので、安全に髪を染め続けていくことができますよ。

利尻ヘアカラートリートメントの評判を口コミでチェック

では、ここで利尻ヘアカラートリートメントの評判や口コミをご紹介していきたいと思います。

実際に使った人はどんな気持ちを抱いているのかチェックしてみましょう。

利尻ヘアカラートリートメントの悪い口コミ

まずは利尻ヘアカラートリートメントの悪い口コミから見ていきます。

利尻で染めたら手や爪まで染まってしまいました。(30代/女性)
一度だけで思ったよりも髪が染まったのは良いのですが、素手で染めたら手や爪まで色が付いてしまいました。

洗ってもなかなか取れないので困ります。

市販と比べると染まりにくい。(40代/女性)
ずっと市販の白髪染めを使っていて、だいぶ髪が傷んでいたので利尻ヘアカラートリートメントを使ってみることにしました。

でも髪に色が入りにくかったので結局髪は傷んでしまっても染まりやすい市販の白髪染めを使っていくことにしました。

美容院で染めた方がキレイに染まる。(40代/女性)
美容院は高いので自分で染めようと思い、この白髪染めを使ってみることに。

しかし、美容院の方が染めた後の仕上がりは良いように感じました。

利尻ヘアカラートリートメントもそれなりには染まりましたが‥。

悪い口コミを見てみると、髪だけでなく手や爪が染まってしまった、染まりにくかったという意見などがありました。

手や爪に色が付いてしまうのを防ぐためにも手袋を使う必要がありそうですね。

また、市販や美容院の染め剤と比べて染まりにくさに不満を抱いている方もいるようです。

利尻ヘアカラートリートメントの良い口コミ

続いては利尻ヘアカラートリートメントの良い口コミを見てみましょう。

以前より髪質が良くなりました。(40代/女性)
何年も白髪を染め続けてきたからか、ゴワゴワで触り心地の悪い髪に悩んでいました。

そこで利尻の白髪染めに変えてみたら、髪が傷むどころか逆に髪の調子が良くなったような気がします。

白髪を染めながら髪をケアしていけるのはとても嬉しいです。

髪が予想していたよりもちゃんと染まりました。(30代/女性)
30代に突入してから、白髪が少しずつ生えてくるようになりました。

そのせいか見た目も実年齢より上に見られることが多くなり、白髪を隠したいと思うようになりました。

利尻ヘアカラートリートメントは髪を傷めずに染められるだけでなく、染まり具合も良いのでこれからもリピートしていこうかなと思っています。

白髪染め独特の臭いがないから良い。(40歳/男性)
少しでも若く見られるために、何年か前から白髪染めを使っています。

利尻ヘアカラートリートメントに変えたのは少し前なのですが、他の白髪染めから変えてみて感じたことが臭いに癖がないということです。

また、無添加ということもあり、これからも安心して使い続けていくことができそうです。

良い口コミには、髪質が良くなった、臭いが気にならないという感想がありましたよ。

それだけでなく、悪い口コミにあった染まりにくさへの意見とは逆に染まりやすいという口コミもありました。

染まりやすさや染まり具合の感じ方には個人差があるようですね。

利尻ヘアカラートリートメントはどうやって使うの?

最後に、利尻ヘアカラートリートメントの使い方についてご説明していきます。

まだ使ったことがない方はぜひ参考にしてみてくださいね。

染める前に準備しておく物

利尻ヘアカラートリートメントで染める前に準備しておくと良い物には、次のようなものがあります。

  • 手袋
  • クシやブラシ

手袋を付けて染めれば手を汚さずに済みますし、染める時にクシやブラシを使うと細部まで塗ることができるのでキレイな染め上がりにすることができますよ。

白髪を染めるまでの流れ

白髪を染める工程は、以下のとおりです。

  • シャンプーをしてからタオルで拭く
  • トリートメントを髪に塗る

髪に塗る時は染めた後にムラができてしまわないように、髪全体に塗り込むようにしましょう。

白髪が気になるところは特に多めに塗るとその部分が染まりやすくなりますよ。

  • 髪に塗り終えたら数分待つ

待ち時間はだいたい10分ほど。

初めての場合は15分~20分ほど放置するとより髪に色が浸透しやすくなります。

  • 色が出なくなるまで髪を洗う

髪を洗い流したら、あとはタオルで拭いてドライヤーで乾かすだけです。

タオルに色が付いてしまう可能性があるので、タオルは汚れてもいいものを使うようにしましょう。

まとめ

利尻ヘアカラートリートメントの口コミには、良い口コミ悪い口コミそれぞれで違う意見や感想がありました。

悪い口コミには染まりにくいという声もありましたが、だからといって市販の白髪染めを使い続けてしまうと、髪を傷めてしまうかもしれません。

それに2つのカラー成分が髪へきちんと色を付けてくれるからか、染まりやすいという良い口コミも多数寄せられていますよ。

利尻ヘアカラートリートメントを使って、白髪で悩む毎日から解放されてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です